自分が自分じゃなくなっていく感覚

でもそれは、無意識に完成された理想の自分から、どんどん素の自分へ戻っていくだけで


なにも変われない

 

そんな事を確信させるのには十分すぎるもので。

深く深く 落とされていく 底へ そこまで。

何を話せば

大切にされたとき、初めて私は大切にしてなかったことに気付く。

 

6月の水溜りに長靴を落としていったような

もともとそんなに必要なものではない。

 

果たして反射した空に本当に色はあるのか?

 

 私には何が実体なのかは分からなかった

目に見える世界が正しいと思う理由は?

 

もしかしたらとても長い夢の中なのかもしれないよ、

水溜りの中の、もう一つの精巧な世界かもよ?

 

私は今 そうであればいいなぁ って思っている

こんな世界 生々しい程のリアリティ 呼吸

 

全部苦しいしね。

 

始まれば終わりがある

それで片付くはずなのに

それでも なお。

 

何を話せば良いのかも知ってるけど

なぜか知らぬまに こんな雨になったよ