いやに冷え込んだ9月の深夜

彼の家のインターホンを鳴らす。

「遅いよ」と、眠たそうな目で彼はこぼした

時計に目をやると時刻は2時半を示していた

仕事終わりの体は酷く疲れ切り

まともに言葉を交わすこともなく

一目散にベッドに倒れこんだ

嫌なことがあったわけでもなく

良いことがあったわけでもなく

ただ日々を無為に繰り返すだけ

そんな毎日に疑問を抱いた

答えが見つかるのはいつになるのだろうか

 

ラインではなくメールのやり取りをしていた時期

LINEの友達かも?の欄に懐かしい人を見た。

物心ついた頃から数えて一番最初に好きになった人、つまり初恋だった人がいた。

今はもうなんとも思っていなかったから記憶からほっておいた。

しかし最近「覚えてる?」とメッセージを寄越してくれた。

 

正直、嬉しかった。

あの頃の私は女子校にいたから、異性の知り合いがいるということだけでかなり優越感を感じたし新鮮味がある毎日を過ごせた。

何もなかったけれどあわよくば、何かの拍子にでも一緒にいられないかと思ったものだ。

当時、彼には可愛い彼女がいたのだが。

 

覚えてますよ!

といたって普通のメッセージを送った。

これからまたお話ができるのかな。とか、

ご飯食べに行きたいな。とか、

期待を胸に送信したのだ、

けれど、

ボタンを押した瞬間

すぅっと、私の中で何かが冷める音がした。

 

そして確信してしまった。

初恋は、初恋のままでいいのだ。

その時のほろ苦く報われない想いは

甘酸っぱく爽やかな思い出として生かしていける。

だから大事に胸にしまっておけば良い。

それが良いんだと。

 

その後の返信を読まずにトークルームを削除した。躊躇いがないわけではないけれど、悩む時間はそこまで必要としなかった。

そういう思い出があったなあって、懐かしめる。それだけで十分だった。

 

一緒にカラオケ行ったなぁ とか

買い物行ってごはんたべたなぁ とか

ゲーセンでヌイグルミ取ってくれたなぁ とか

たくさんメールやりとりしたなぁ とか

横顔が好きだったなぁ とか

 

十分すぎたんだ。

 

でも、やっぱり好きだったなぁ。

葛餅食べたいナ

 

 

卒業といえば私は高校三年に当たるので3/1の卒業式を以て、高校生活は終了だ。

 

まともに高校生活をしたのは高2の夏まで。高2の9月からいろいろと苦しい毎日を強いられていて、無理だ!って遂に11月の後半には不登校マンになってました。12/31を以て私立女子校を辞める、スピード退学。ははは、ウケる

 

1月からは通信高校生。

周りは変なやつばっかで、正直仲良くしたいと思える人は少なかったし実際仲良くしてる人は1人しかいない。しかもその1人とも連絡はあんまりもう取れなくなった。かなしい

スクーリングで学校に行っても、全日制から落ちこぼれてきた私からすればただの普通の高校の真似事にしか思えなくて、そこの環境に甘えるのはなんだか悔しくて、嫌いでした。

3年の6月にはもう必要な単位もとったし別にもう、いいかな。って

卒業式はめんどくさい、というか出る意味あるの?って感じだし、出なかった。

というか、意地でも出たくなかった

普通をちゃんとできなかった自分がした些細な抵抗だった。

卒業アルバムが送られてきたけど、読まずに捨てた。読めなかった

 

 大学では上手くやっていきたいって、思うけど、こんな人間だからそれも難しいのかな。

 

人と一緒って難しい。

頭のネジが足りないのかもしれない 私は普通に生きてきたつもりだったけれど

こうなるなんて思ってもなかった。

正直、不登校とか馬鹿な同級生を見下してた

まともな人生を歩んでいくつもりだったの、これでも協調性に自我を殺してきた人生だったの

報われたいって思うのも甘えなのだろうか。

努力が、足りないのかもなぁ

 

でも私は頑張ってるつもりなのだ

 

これからうまくやっていける自信ないな。

頑張るしかないのだけれど。。?

 

あんまり悲しくないけど悲しい

小島ちゃんが経験したゴミみたいなクズの恋愛の話をさしてもらおうかね。

誰が見ているかわからないブログだから、だからこそ言えることもあるし言えないこともあるからそこは結構慎重に考えるべきところなのだけど、簡単に言えば

‘私が純粋に好きになった人(11歳年上)には下心しかなくて(当たり前だ)、付き合いだした途端豹変し結局セフレ同然の関係しか築けなくて小島ちゃんが憤慨した’

ってところ。

5ヶ月くらい週一で会ってお話しして、それだけで楽しかったんだけどつい欲が出てしまって小島ちゃんが恋文を出してしまいました。失敗

今でも忘れられません。「悲しませちゃうかもしれないけどいいの?」ってセリフ。

この時点で色々察してたから、複雑な気持ちを抱えながらも1年半?くらい無駄な時間を過ごしてしまった。

思えばいろんなことがありました。

 

一緒に見るんで必死の思いでとったユニゾンのチケット、公演日近くになって「行けなくなったからチケット2枚とも譲っちゃった」と言いながら当日に本命の彼女と見にきてるという畜生具合よ。お前がいけないのはどうでもいいけど私の分はどうしてくれるんだ?あ?

小島ちゃんは察してたので面白半分で1人でチケット譲ってもらって会場で遭遇しに行ったりね。ちょっと、というかかなりショックだったけどさ。面白かったのはそのあと友達と行ったバーミヤンでもまた遭遇してしまうっていう事故。いやー楽しかったね。愉快です。

 

あと2016年のロッキン。かなり前から一緒に行く約束をしていてすごく楽しみにしてたな

その前日(8/6)は私の誕生日で、別に会う約束とかはしてないけどお祝いのLINEとか楽しみに待っちゃったりしてて、23時くらいにやっときた!って思って開いたら「明日友達と回るから一緒に回りません」的なこと書いてあって、流石に家でお母さんに泣きつきました。馬鹿みたいに泣いてました。一人で回れとでも言うのか

結局渕上とポヨさんに慰められながらテントスペースでバックホーンを聴いていた記憶しかない。たちあーがーれ。

会ったら喉笛かっぴいてやるぞくらいは思ってしまった。

車出してくれた渕上くんは人が出来すぎてると感じました。

 

好きな人が好きなものって、やっぱ好きになっちゃうし、ならなくても印象に残っちゃう。

私の場合は、そうだなGRAPEVINEは8割くらいこの人の影響で好きになったのかな。悲しいな〜音楽に罪はなくてもなんか聴くたびにぐぬぬってなってしまう。感謝はしている、素敵な音楽を教えてくれたことに関してはどうもありがとうと言える。これは素直に言える。

音楽の趣味は合うから、その方面の話が弾んだのは嬉しかったな。だからplentyのCD返せよって話。美談にさせろ。

もう会うことはそうそうないだろうから言うぞ。ライブ会場で見かけたらどうしよう。もうライブそんな行かないけどね私。

 

なんか側から見たら騙されてた馬鹿な女って感じだけど、まあ正解なんだけど。今でこそこんなに馬鹿にしてプギャーって感じだけど当時はまあ普通に好きだったからもうどうすればいいかわからなくてだな、毎日ART-SCHOOLSyrup16gGRAPEVINE聴いて気持ち的に死んでた。あの頃の私はあと一歩でメンヘラになれた。でもメンヘラに傾ききれなかったのはやっぱり相手には気持ちがなかったのが無意識に感じ取れてたからだと思う。「これ以上は無駄だ」って無意識に制止をかけていたのだ。

だから中途半端なメンヘラもどきと化した私は大学生になって色々やらかしまくるのだろうな。あぁやだな。嫌すぎる。plentyのCD返してくれたらきっと正常な人間に戻れる。だから早く返せ。

 

どういう最期を迎えたっけ。

たしか、会う場所がいつもいつも決まりきってて、それだけでも悲しいのに、ある時会う約束の前日になっても当日になっても連絡がこなくてブチ切れた小島ちゃんがLINEで思ってることをメモに書いてスクショして送りつけてしまったんですね。

どう思ってるんだ、とか、私のこと好きなのか、とか、他に女がいるの知ってるんだぞ、的な。

今思えばすっごい痛いこと書いてた気がする。滝汗。

1日くらい経って返信が来たから見てみると、

 

「みきちゃんにも彼氏いると思ってた…」

 

???????????

???????????

 

(^_^;)

 

どうやらクズの仲間入りを果たしていたようだ

 

本当に1年半を無駄にしていたようだ

なんだったんだ私の高校生活

 

爆笑

 

そう言えば、その1年半、ライブ以外で会った回数12回くらいじゃないでしょうか

 

 

 

 

小島ちゃんみたいな当事者からすればもう大事件なんだけど、やっぱり他人から見れば「浮気」の一言で済んじゃう出来事なのね、だからこうやって文字にして見ると私はふふってなる。ね。

良い恋愛がしたい。これを知った上でゴミみたいな小島ちゃんとまともに付き合ってくれる人に出会いたい。泣きそう。

 

わかりきったことを最後に言います。

Twitterで出会いを求める人間はゴミ

高校生と付き合う社会人はまともじゃない

 

世の中にはいろんな人間がいるんだなぁって勉強になった。 

自分が好きだからそれでいい、なんてことはないよ。恋愛っていうのはやっぱりお互いが想い合えるところに意味があるのだから。

 

 

この恋愛に心残りがあるとすれば、

最後に直接嫌味を言えなかったところだろう。

 

なんでもいいけど、plentyのCD戻ってこい。

もひとついうと、一緒に見たGRAPEVINEのチケ代も戻ってこい。

 

 

 

あまり人には言えることじゃないけど
死を感じさせるものに魅力を感じる。

死ぬことって生物の一生で一番美しいものであると思っている。
その刹那を永遠に繋ぎ止めるのだ、剥製や薬品漬けなんかに魅力を感じないわけがない

 

死ぬのは怖い、だから生きるのも辛い
わたしってそういう人間だ。
だけど手首に涙を染み込ませることも、黄昏時に空中遊泳する勇気なんかは、生憎ながら持ち合わせてはいなかった。

それは当たり前のことなんだよ。

でも、それが正常だと思うのは異常なんだよ。

僕は順調にいけばあと60余年は生きてしまうのだろう

 

怖いねぇ。


一体いつまで、何年も先の見えない暗闇を歩かされるのかと愚痴を吐けるのかな、
一体いつから、先を見据えてあと何年しかと嘆くようになるのかな。

いつから、はっきり死と向き合えるのだろう。

まだ向き合えるとは到底思えない。
わたしが死を感じるものに惹かれるのは、きっと、安心したいからだ
死と向かい合えないわたしに、「生」の優越感を与えてくれる存在。だけど、正直、死んでも美しいそれらが少しだけ羨ましかったりする。

 

わたしもいつか死ぬんだ。けど、ただ、
わたしのそれは、一生の刹那であってほしい。
きっと、時間が経てば濁ってしまうから。

 

 

 

17さい

誕生日、
零時丁度に何を聴こう?

今までずっとBase Ball Bearだったけれど、
18になった僕は、その音楽を変えた。

そのときなんとなく、思春期の、青春の終わりを感じた
心にぽっかり余白が生まれた気分だった
悲しくはないけれど、寂しく思えた

...

思えば、僕の思う「青春」なんてものは全て17の時に片付いてしまった。

青春、ってなんだろう。

甘酸っぱく、ほろ苦い痛み。
目に焼きつけた景色は、脳裏に染み付く匂いは。

全て、すべてが、17だ。

 

一通り経験した気になって、僕は今満足しているような、つまらなさを感じているような、はたまた、まだ納得がいかないような。


夜、天井を眺めながら未来に不安を抱えたり。
雑踏の中でふと振り返って寂しさを感じたり。

底無しの落とし穴に突き落とされる感覚。

やはり僕の10代にはBase Ball Bearという存在は必要だった。

 

多感な10代に降りかかる「青春」という暴力は悍ましい。一人で立ち向かう術は何処にもない。

ひたすら耐え抜くしか道はないのか、と頭を抱える。そんな時に僕の逃げ道となったのがこのバンドの音楽だった。

 

「青春」の劣等感、虚無感、嫌悪感、そして幸福感。それらすべてが鮮やかな原色を放ち、僕という無色の人間に色を注していった。
混ざりすぎて汚くなってしまったけれど、彼らの「青」は上からそれらを全部塗り潰していった。
最強無敵の「青」
それが僕に見えるBase Ball Bearの色だったし、僕は唯一「青春」に勝つる色だと思った

 
こんなことを言うのはおかしいのかもしれないが、少しずつ目の前の「青」が薄れてきた頃だから、何となく、感じてしまう。

良い音楽に出会えていたんだ、と。

 

傷ついて痛い、でも傷ついていたい。
生を感じる瞬間はいつも痛い時だった。
そんな傷に気付いてくれる人が欲しかった。

ひとりぼっちは、苦しい。

 

 

人生が全体的に苦しかった。
今もちょっと苦しいんだけど、
気付いてくれる人がいることがどんなに幸福か。息がし易いか。


悲劇のヒロインになるのが好きなんだけど、誰も見てくれなければ誰も救ってはくれないのだ
僕はきっと、寂しかったんだ

屋上から下を眺めてた頃の僕はもういない。つい最近までのことだけど、今の僕はちょっと違う。少しは色々と前向きになれたはずだ
あとはもう少し、もう少しだけ。

 

僕の「青春」だけじゃなくて、人生のバイブルとなったのがもしかしたらBase Ball Bearだったのかもしれない。というか、そうなのだ。
もうすすんでライブにいくとか、音楽を聴くとかはしないと思うけど、それでも10代の生き方を教えてくれたのは事実として一生残るから、忘れないように、もう少しがんばれるかな。

7月になったら、18の僕は、も一度、自転車で夏を越えよう。
迷いもきっと、置いていける気がする。

そんな気がした