読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琥珀は誰も越えられない

あまり人には言えることじゃないけど
死を感じさせるものに魅力を感じる。

死ぬことって生物の一生で一番美しいものであると思っている。
その刹那を永遠に繋ぎ止めるのだから、剥製や薬品漬けなんかに魅力を感じてしまう。

死ぬのは怖いから生きるのも辛い。
僕はそういう人間だ。
だけど手首に涙を染み込ませることも、黄昏時に空中遊泳する勇気も、生憎持ち合わせていない
それが正常だ、と思うのは異常だ。

僕はあと60余年も生きる、生きてしまう

それは、なんというか、怖い。
一体いつまで、何年も先の見えない暗闇を歩かされるのかと愚痴を吐けるのか。
一体いつから、先を見据えてあと何年しかと嘆くようになるのか。

いつから、はっきり死と向き合えるのだろうか

まだ向き合えるとは到底思えない。
僕が死を感じるものに惹かれるのは、きっと、安心したいからなのだろうな
死と向かい合えない僕に、優越感を与えてくれる存在。だけど、死んでも美しいそれらが少しだけ羨ましかったりする。

僕も死ねるのだろうか。ただ
僕のその美しい刹那は、一生の刹那であってほしい気もする
きっと、時間が経てば濁ってしまうから。

でもやっぱり、火葬でよかった。
そんなことで安心する僕なのでした