読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルピスでも飲みながら自転車で坂を降ろう


零時丁度に何を聴こうか。
誕生日に繰り返される、意味のない儀式

今までずっとBase Ball Bearだったけれど、
18になった僕は、その音楽を変えた。

そのときなんとなく、思春期の、青春の終わりを感じた
心にぽっかり余白が生まれた気分だった
悲しくはないけれど、寂しく思えた

...

思えば、僕の思う「青春」なんてものは全て17の時に片付いてしまった。

セイシュンってなんだ?

甘酸っぱく、ほろ苦い痛み。
目に焼きつけた景色は、脳裏に染み付く匂いは。

全て、すべてが、17だ。

 

一通りそれを経験した気になって、僕は今満足しているような、つまらなさを感じているような、はたまた、まだ納得がいかないような。


夜、天井を眺めながら未来に不安を抱えたり。
雑踏の中でふと振り返って寂しさを感じたり。

やはり僕の思う10代にはBase Ball Bearという存在は確実に必要だった。

 

多感な10代に降りかかる「青春」という暴力は悍ましいもので、立ち向かう術など何処にもなく。

「ひたすら耐え抜くしか道はないのか」

そんな時に僕の逃げ道となったのがこのバンドの音楽だった、それだけのこと。

 

「青春」の劣等感、虚無感、嫌悪感、そして幸福感。それらすべてが鮮やかな原色を放ち、僕という無色の人間に色を注していった。
混ざりすぎて汚くなってしまったけれど、彼らの「青」は上からそれらを全部塗り潰していった。
最強無敵の「青」
それがBase Ball Bearの色だったし、僕は唯一「青春」に勝つる色だと思った

 

だから学生時代にベボベの音楽を聴いていられた僕は、それはもう、幸せ者なのだろう
こんなことを言うのはおかしいのかもしれないが、少しずつ目の前の「青」が薄れてきた頃だから、何となく、感じてしまう。

 

傷ついて痛い、でも傷ついていたい。
生を感じる瞬間はいつも痛い時だった。
そんな傷に気付いてくれる人が欲しかった。


いないと思ってたけど、実は沢山いた。

だから17才の僕は、もしかしたら一番幸せだったのかもしれない。な。
好きな人(なんて呼んで良いのか分からない)も、親友(僕が勝手に思っているだけだと思う)も、学校では作れなかったたくさんの友達も、
今思えばみんなどこかで見ていてくれた。気付いてくれた。
そんな気がする。

そんな気がするだけで救われてたんだよ

 

人生が全体的に苦しかった。
今もちょっと苦しいんだけど、
1人が気楽だった今までと比べたら、今の僕はどれだけ人に囲まれているか。それがどれだけ幸福なことか。息がし易いか。


悲劇のヒロインになるのが好きなんだけど、誰も見てくれなければ誰も救ってはくれないのだ
僕はきっと、寂しかったんだ

屋上から下を眺めてた頃の僕はもういない。つい最近までのことだけど、今の僕はちょっと違う。少しは色々と前向きになれたのかな、
あとはもう少し、もう少しだけ。

 

僕の「青春」だけじゃなくて、人生のバイブルとなったのがもしかしたらBase Ball Bearだったのかもしれない。というか、そうなのだ。
もうすすんでライブいくとか、音楽を聴くとかはしないと思うけど、それでも10代の生き方を教えてくれたのは事実として一生残るから、忘れないように、もう少しがんばれるかな。

7月になったら、18の僕は、も一度、自転車で夏を越えよう。
迷いもきっと、置いていける気がする。

そんな気がする。