卒業とな

今週のお題「卒業」

 

卒業といえばですが私は高校三年に当たるので3/1の卒業式を以て、高校生活は終了です。

 

まともに高校生活をしたのは高二の夏までです。高二の九月からいろいろと苦しい毎日を強いられてまして、無理だ!って遂に11月の後半には不登校マンになってました。12/31を以て私立女子校を辞める、スピード退学。ウケる

 

1月からは通信高校生でした。

周りは変なやつばっかで、正直仲良くしたいとも思わないし実際仲良くしてる人は1人しかいない。しかもその1人とも距離置いてしまったし

学校行っても、全日制から落ちこぼれてきた私からすればただの普通の高校の真似事にしか思えなくて、そこの環境に甘えるのはなんだか悔しくて、嫌いでした。

単位もとったし別にもう、いいかな。って

卒業式はめんどくさい、というか出る意味あるの?って感じだし、出なかった。

というか、意地でも出たくなかったね

普通をちゃんとできなかった自分がした些細な抵抗だ。

 

ごめんねお母さん、私は最後までしゃんとできなかったわ

親不孝者とは私のことだ

何とでもいってください。ごめんなさい。ごめんなさい。

 大学では上手くやっていきたいって、思うけど、こんな人間だからそれも難しいのかな。

 

人と一緒って難しい。

頭のネジが足りないのかもしれない 私は普通に生きてきたつもりだったの

こうなるなんて思ってもなかった。

まともな人生を歩んでいくつもりだったの、これでも協調性に自我を殺してきた人生だったの

報われたいって、甘えかな。

努力が、足りないのかも?

でも私は頑張ってるよ。

どうしよう。